制度的には両方同じ

税法上、フリーランスというものはない

フリーランスとは、企業などの組織に属さず、ある業務に対してその都度契約を結び請け負う形態のことを言います。

自分が持っている技能を使って価値を提供するのがフリーランスの仕事と言えます。

そのため飲食店やショップオーナーなどのような自営業者の人をフリーランスと呼ぶことはまずありません。 お客さんに対して契約を結んで業務を請け負うわけではないからです。

フリーランスと名乗って仕事をする職業には、クリエイティブ職に多いです。

WEB系で言えば、デザイナーやイラストレーターなどが該当するでしょう。 またプログラマもフリーランスを名乗る人がいます。

その他、カメラマンやライターなどが挙げられます。出版関連の職業ですね。

フリーランスという名称は一般的に耳にしますが、税法上フリーランスという分類があるわけではありません。

フリーランスとして収入を得た場合、それはサラリーマンの給与と異なり「事業所得」になります。

そしてこの事業所得は、必要経費を差し引いた後のお金に対して所得税を納める必要があり、その手続を確定申告と言います。

サラリーマンの年末調整にあたるものですね。

個人事業主とは、税務署に開業届出を出せば誰でもなれます。

事業の内容は原則どんな事業でも可能ですが、飲食店などのように別途資格や届出が必要な業種もあるので事前に確認が必要です。