年に一度、決算をして税金を支払う

確定申告は何をするもの?

独立前はサラリーマンだった人でも、確定申告の名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

これは、2月から3月にかけて、前年の所得を明らかにしてその金額に応じた所得税を納付する手続きのことを言います。

所得税は、個人事業主のみならず、サラリーマンも毎月支払っていますよね。 そうです、給料明細に書いてある、額面から天引きされているアレです。

サラリーマンの場合、所得税の納付の流れは次のようになります。

まず、前年度の所得に応じて、仮の納税額が決定されます。そしてその金額が毎月の給料から差し引かれます。

しかし、サラリーマンの給料は毎年変動するので(特に残業代の増減によって)、多く払い過ぎたり逆に少な過ぎたりということが発生します。

本来納めるべき金額と、実際に納めた(天引きされた)金額との差額を調整するのが、「年末調整」と呼ばれるものです。

サラリーマンの場合は基本的に自分ですることは何もありません。 2枚程度の用紙に必要事項を記入すれば、あとは会社が手続きしてくれます。 せいぜい、生命保険などの控除証明書を会社から渡される用紙にペタペタと貼るくらいです。 あとは住宅ローン控除くらいですかね。

一方、個人事業主の場合は、1年間の売上総額、経費の総額、その他減価償却費などを全て算出して、所得額を導き出します。

その所得額に応じた税金を納めるわけですが、計算も手続きも全て自分で行う必要があります。

一度慣れてしまえば難しいというほどのことでもないのですが、面倒なのは何年経っても面倒です。

所得があるのに確定申告しないのは脱税行為になるので、面倒でも必ず行うようにしましょう。

個人で稼ぎも少ないからバレないだろうと思う人もいるみたいですが、バレる時はバレます。

なぜなら、得意先や仕入先の帳簿にはのっている取引なのに、もう一方(つまり自分)のほうからの申告がないのは明らかに矛盾していて、バレバレだからです。

納税というと、なんだか損をした気持ちになりがちですが、我々が既に享受している各種行政サービスは税金によって成り立っているわけですから、きちんと支払うようにしましょう。